P1ウインチ取扱説明書

P1ウインチを取り付ける向き

ウインチを取り付けるときのウインチの向きはツメがギアの上に位置する向きで取り付けます

※カーテンシート巻き下げ時にツメを触らないでください(故障の原因となります)

ウインチのブレーキが利かない場合

ウインチのブレーキが利かない場合、以下状況が原因の一つとして考えられます

 

ウインチのハンドルを回転させた場合に、図1のようにAとBが離れる状態が正常な状態です

ウインチの特性上まれに、図2のようにAとBが張り付いて離れない状態になっている場合

があります。

この状態は、クラッチ部分にブレーキが利いていない異常な状態で、ウインチが止まりません

その場合の解決方法として以下の図の手順で解決をお願いします

P1ウインチ(特大)(大)用対処方法

 

図3のようにウインチの左側のギアに硬いもの(スパナ等)をかませてギアを回転させないよう

にします

ハンドルを時計回りに回転させます(前述のAとBを話して正常な状態に戻します)

グリス等をウインチ摩擦面に塗布し、月に1度は点検、注油し動かしてください

P1ウインチ(中)用対処方法

 

図4のようにパイプレンチを使用しウインチのドラム部分を挟み固定してから、

ハンドルを時計回りに回転させます(前述のAとBを話して正常な状態に戻します)

グリス等をウインチ摩擦面に塗布し、月に1度は点検、注油し動かしてください

破損、サビ等、通常の機能が損なわれているウインチは

危険ですので使用しないで下さい